お気軽にお問い合わせください。

03-3817-0426

左官職人日記バナー

ぬり壁の力

家の骨組みを作り上げるのが大工の仕事なら、塗り壁を仕上げる左官職人は、その家全体に「皮膚呼吸」の機能を与える仕事と言えるかも知れません。
東西に長く、高温多湿の日本の風土に適した家作りには、その地域ごとのよって特色があり、当然技法も異なります。
かつて路地裏は子どもたちの遊ぶ姿が当たり前にあるように、家作りに土と藁も当たり前にそこにあった、そして、そこには必ずと言ってずといっていいほど、腕の良い左官職人がいた。
シックハウスなどという言葉はなく、完成したての家の中は、どことなく土と藁の匂いがした。
夏涼しく、冬は暖かい。まるで家全体が呼吸をしているかのような、そんな快適な空間を左官職人は作り上げてきました。
塗り壁は弱い、傷がつくと言われますが、昔は壁に傷をつけない気使いと家を大切にする心配り、
そんな小さな精神修養の場があったような気がします。

手形、足形の写真

我が家の玄関の壁には家族の手形、足形がある。
娘は嫁ぎ足形を残した犬のいない今、玄関を通るたびその壁に思いをはせる。
息子犬の散歩のたびに壁に手を寄せ親犬への思いを偲ぶ、脳裏のよみがえるその姿に・・・・。
大切な思い、壁にたくす思い。
いつかくる再会までの思いを大切に刻ませてくれる、それは左官の塗り壁にしかできない事。
壁に思いを刻むこと、左官で良かったこと、塗り壁には力があります。

施工の流れ

STEP.1
現場確認、及び現場調査。
STEP.2
下地の確認(作業手順の決定、作業工程日程の打ち合わせ)
STEP.3
お見積もり
STEP.4
お客様からの施工依頼
STEP.5
作業開始
STEP.6
完了

【急募】職人さん募集

多種目の仕事にチャレンジしたい方、詳細は面談にて。
お気軽にご連絡ください。

有限会社 木村左官工業所

〒112-0005 
東京都文京区水道2-3-17

03-3817-0426

営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜・祝日

お問い合わせ

【最寄駅】
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」
4番出口から徒歩約10分。
【バス案内】
都営バス「東五軒町」
バス停から徒歩約2分。